スポンサーサイト

0
    • 2011.10.23 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    成功へのステップ(1)●成功のための4つの基礎力

    0

       成功とは・・・・・・

      成功の定義は人によって異なる。

      人生における「成功」とは、自分も他人も長期にわたり、大きな快感が得られて、多くの痛みが避けられる方法を探し出すことである。

      成功とはすばらしいことだけが起こるという意味ではなく、どういうことが起きてもすばらしい反応を選ぶということである。

      真の成功は誠実に生きることから来るものである。


      成功の9ステップとは・・・・・・

      成功するためには、まず4つの基礎を土台にし、その土台の上に4つのステップからなる成功サイクルを回す必要がある。

      これに加え、リーダーシップを発揮することで、成功を大きなものにできる。

      4つの基礎、成功サイクル、リーダーシップを合わせた9つが成功の9ステップである。

       

      ●4つの基礎

      (1)決断力

      (2)学習力

      (3)健康

      (4)感情をコントロールする力

       

      学ぶことは決断の質を高める。

      健康はその決断を実行に移すエネルギーを与える。

      感情をコントロールする力は、その決断を実行するときに感じる恐怖や自信の欠如、挫折感を乗り越えるパワーになる。


       
      ●成功サイクル

      成功のサイクルは、下記の4つの要素で構成されている。

      目的:自分の目的、夢、ビジョン、目標を明確にする

      計画:目的を満たすために、計画を立て、時間管理をきちんと行う

      行動:行動する

      改善:成功を確認しながら、アプローチを改善する

       


      ●リーダーシップ

      人生最大の結果はすべて、他人と協力して手に入れられるものである。それには、リーダーシップを発揮する必要がある。

      リーダーシップには以下の能力が含まれる

      ▼コミュニケーション能力:他人を理解し、関係を築き、協力する

      ▼シナジーを発揮する能力:自分にない他人の能力を活用する

      ▼効果的な組織を作る能力:役割分担を決めて、大きなプロジェクトを進める

       

       

       

      ■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)■■
                   ↓
      http://horaisuccess2.web.fc2.com/index.html


      ■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(2)■■
                   ↓
      http://horaisuccess2.wiki.fc2.com/


      ■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(3)■■
                   ↓
      https://sites.google.com/site/horaiseiko/


      ■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(4)■■
                   ↓
      http://horaisuccess.web.fc2.com/index.html

       

       

       


      おすすめの面白い本ベスト1の三部作★「風の歌を聴け」村上春樹

      0

         第1位

        村上春樹の初期の「僕とねずみの三部作」

        ●「風の歌を聴け」村上春樹

        村上春樹のデビュー作

        1970年夏、あの日の風は、ものうく、ほろ苦く通りすぎていった。

        僕たちの夢は、もう戻りはしない。

        群像新人賞を受賞したデビュー作

        1970年の夏、海辺の街に帰省した<僕>は、友人の<鼠>とビールを飲み、介抱した女の子と親しくなって、退屈な時を送る。

        2人それぞれの愛の屈託をさりげなく受けとめてやるうちに、<僕>の夏はものうく、ほろ苦く過ぎさっていく。

        青春の一片を乾いた軽快なタッチで捉えた出色のデビュー作。

        群像新人賞受賞。

        「村上春樹の原点」です。

        こんな小説を書く作家がいたなんて、びっくりした。

        その後の村上ワールドを堪能するためには必読です。


        初めて読んで感じたことは、著者は英語を母国語としている人かアメリカ小説を読み込んだ人だろうな、ということだった。

        数ある村上春樹の小説の中でもこの第一作目は特に”日本的”でなく、しゃれた会話が交わされる。

        今まで読んだことのないタイプの小説だった。

        作品中の主人公は「文章について多くをデレクハートフィールドに学んだ」という。

        この本を初めて読んだ人の中でまずこの作家の存在を疑う人はいないだろう。

        今では周知のこととなっているがハートフイールドは村上氏が作り上げた架空の作家なのであるが、当時は実在する作家だと信じハートフィールドの作品を書店に問い合わせる人が絶えなかったほど


        巧妙に架空の作家を作品中に織り込んでいたのだった。

        ではこのモデルは誰?ブラッドベリ?ロバートEハワード?

        という風にハートフイールドについてその後もちょっとした論争があったほどである。


        こんな風に読み手を楽しませるのと同時に数字、古典、和歌またキリスト教的記号を埋め込むのが上手な作家である。

        作品をストレートに読んだ後は埋め込まれた記号や数字を探し出すという楽しみも味わえるので、村上春樹の小説は二度も三度も楽しめてお得感が高い。


        まだ村上ワールドに足を踏み入れたことのない方には、すべての始まりである「風の歌を聴け」をおすすめします。

        文庫本のカバーをとって中を見たことのある人はいるでしょうか?

        佐々木マキさんが書かれたカバーをめくってみてください。

        こんなところまで楽しめちゃいます。

         

        ●【アマゾン】『「風の歌を聴け」村上春樹』
                 ↓
        http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062748703/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

         

        ■■■おもしろい本、おもしろい小説、おすすめの本のランキング、おすすめの小説のランキング、最高に面白い本、面白い本の紹介■■■
                ↓
        「おもしろい本、おもしろい小説、おすすめの本のランキング、おすすめの小説のランキング、最高に面白い本、面白い本の紹介」の紹介サイト。




        おすすめのビジネス書★「感情の整理」が上手い人下手な人―感情コントロールで自分が変わる

        0
          JUGEMテーマ:ビジネス

           この本は、いつも機嫌よく、気持ちよく生きていくために、精神科医・和田秀樹先生が「感情を整理」する方法をアドバイスした本です。

          いつも機嫌がよく気持ちが安定している人は好かれるし、不機嫌でイラついている人は嫌われます。

          職場のつき合い、隣近所のつき合い、家庭や友達同士のつき合い、人間関係すべて同じです。

          では、自分の感情をどう整理すれば、気持ちが安定していられるのか。

          機嫌よくいられるのか。たとえ不機嫌な人に接しても、自分の感情をいつまでもかき乱されずにすむのか。

          その「感情整理法」を本書でお教えます。

          例えば、●「虫の好かない人」は、自分に問題がある。 ●百点満点を目指す人はしょっちゅうつまづく。 ●朝の気分をよくする工夫で感情生活は豊かになる。 ●悪口、噂話に加わると、心は泥沼におちいる。 ●未熟でも「自分」をさらけ出すと気分がいい。 ●人間関係に「嫌い」を持込まないと楽になる。

          こうしたコツを本書で具体的に示していきます。

          自分の感情を上手くコントロールできるようになると、他人に振り回されることなく、マイペースを保つことができるようになります。

          「感情の整理」が上手くできるようになると、人とのコミュニケーションもずっと楽になります。

           

          本書は2004年11月に同社より刊行された『「感情コントロール」で自分を変える』を改題・補筆した新版です。

          著者の精神科医としての視点・分析が楽しめました。

          身近に居る不機嫌な人を思い出し「そうそう、そうだょな」と納得しながら(時には自分自身の過去の振舞いを思い出して小っ恥ずかしくなりながら)、あっという間に読みきりました(約2-3時間) 。

          自分自身を客観的に見つめること(メタ認知)が感情コントロールには欠かせない能力なのですが、これを獲得するための心の習慣について分かり易く書かれています。(『自分の感情をウォッチングし、不機嫌な感情を排し、上機嫌なるための技・コツを持つためのヒント』が詳述されています)

          「与えられた環境で如何に振舞うかという最後の自由は奪われない」(「夜と霧」(V.E.フランクル))という言葉を思い出したりしました。

          本書のような内容の本を読もうという心持ちがあるのなら、既に問題は半分解決したも同じだと思いますョ。

          その素直な"成長願望"を維持することが大事なのだと思います。Good luck ! (^-^)v

          目次:
          序章 成功する人はこんな「感情の整理」をしています
          第1章 あなたの感情生活を支配する「法則」がわかる
          第2章 不機嫌な人は「自滅の法則」に支配されている
          第3章 「嫉妬」はもう卒業しましょう
          第4章 「心」の掃除は簡単にできます
          第5章 周りな好かれる人の魅力は「機嫌のよさ」にある
          第6章 すべての人間関係に「好き」を持ち込もう

           

          ●【アマゾン】『「感情の整理」が上手い人下手な人―感情コントロールで自分が変わる 』
                   ↓
          http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860811801/horaihonoyomu-22/ref=nosim/



          ●本当に役立つ『おすすめのビジネス書』のサイト
              ↓
          本当に役立つ『おすすめのビジネス書』のサイト




           


          プロは読め!●『企業を高めるブランド戦略』田中 洋 (著)

          0

             企業の価値と信用はこれで決まる!

            現代のブランドは企業の「資産」である。
            それを育て上げ、競争優位と顧客の信頼を得るには何が必要か?

            ブランドは意図的に育てるもの――「強いブランドとは優れた経営の結果であって、それ自体は管理すべきものではないのではないか」という考え方がある。

            たしかに日本の長い商取引のなかで、「三越」のような伝統的なブランドがいくつも形成されてきた。


            しかし今日では、ブランドは自然に形成されるものではなく、意図的に育てなければならない対象であり、そこにはブランドを効果的・効率的に構築するための戦略性が必要なのである。


            グルメコーヒーの「スター・バックス」などに見られるように、今日ではブランドを短期的に育成し活用していくような経営・マーケティングが競争優位をもたらす市場状況が出現している。

            ハッキリ言えば、「よい品質の製品を提供していけば自然にブランドは育成される」という考え方自体が修正を迫られているのである。


            自社をあるいは自分を「ブランド化」したい方、プロは必読です!


            企業を高めるブランド戦略 (講談社現代新書)





            【送料無料】企業を高めるブランド戦略

            【送料無料】企業を高めるブランド戦略

            【送料無料】企業を高めるブランド戦略
            価格:756円(税込、送料別)




            ブログランキング









            お勧めのビジネス書●『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ 』

            0

               お勧めのビジネス書●『心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ 』藤沢 晃治 (著)

              先週に引き続き「藤沢 晃治」の本の紹介です。

              本書はプレゼンテーションの基本がぎっしり詰まっている本です。

              プレゼンに対する心構えから、そもそもプレゼンの主役は誰か?などいう概略から伝える技術として「概観を先に与える」「視覚情報を与える」「聴講者の届ける意識を持つ」などという基本ノウハウが紹介されている。

              さらに秀逸なのは第5章で紹介している「説得する技術」だ。

              ここには次のことが紹介されている。


              1)論理力

              2)構成力

              3)比喩力

              4)事例力


              これらの4つの力はプレゼンに限らず、普段のビジネス会話、会議などでも通用するスキルだ。

              そんなこんなで、プレゼンの全てをコンパクトにまとめている本書を推薦します。

              特に社内でプレゼンが多い人は必読だと思います。

              プレゼンで損している人って、多いものね。

              心を動かすプレゼンの技術 人前で話すのが苦手なあなたへ (角川oneテーマ21) 【アマゾン】





              【送料無料】心を動かすプレゼンの技術【楽天】

              【送料無料】心を動かすプレゼンの技術

              【送料無料】心を動かすプレゼンの技術
              価格:760円(税込、送料別)




              ブログランキング


              お勧めのクラシック音楽★プッチーニ:組オペラ『蝶々夫人』

              0

                 日本人にとって複雑な心理が働くのが、このオペラ「蝶々夫人」。

                長崎の若い芸者「蝶々」さんはアメリカの海軍士官ピンカートンを真剣に愛し結婚するが、彼にとっては一時の現地妻。

                彼はアメリカに戻り、その帰りを待ちわびる蝶々さん。

                3年たってようやく戻ってきた彼には正式な妻がいることを知ると、その妻に愛児を託して蝶々さんは自ら死を選ぶ。


                ピンカートンを待ちわびる気持ちを切々と歌うアリア「ある晴れた日に」は、あまりにも有名。


                いつもながらカラスの歌は、どこまでも真実の歌であり、一度耳にしたら最後、強烈な誘引力で聴き手を決して離さず、他では決して得られない感動をもたらす。

                若きカラヤンの指揮はどんなディテールにも真情がこもっており、内面の心の動きに応じて、変幻自在に表情を変えていくところが非凡である。

                1955年の録音だが、演奏解釈にまったく古臭さが感じられないのはすごいことだ。

                ラストはカラスの真骨頂!感動的な名唱です。

                プッチーニ:蝶々夫人 全曲 (アマゾン)




                【送料無料】Puccini プッチーニ / 歌劇『蝶々夫人』全曲 カラヤン&スカラ座、カラス、ゲッダ...(楽天)




                ブログランキング


                 


                お勧めのビジネス書●『「交渉力」を強くする 』

                0

                   よりよい妥結ができるための16の戦略! 

                  「交渉力」がなければ「こんなはずじゃなかった!」とほぞを噛むことになる。


                  あなたの交渉のどこが弱点か、交渉力はどうすれば強化できるのか、ズバリ指摘する。

                  あなたが交渉で「損してばっかり」なのはナゼか!?

                  お人好しな性格・先に本音を明かしてしまう・主張に説得力がない・ハッタリがすぎる・安易な妥協案に飛びつく・感情的になる・相手の話を聞かない・相手の視点で考えられない、相手の「期待値」を上げてしまう…から、あなたはホゾをかむ。


                  交渉力のある人、無い人。
                   
                  どんな仕事でも交渉力のある人が成果を残せることは間違いないが『じゃあ、交渉力って何なの?』 という疑問に答えてくれる本。
                   
                  かなりわかりやすいのでスラスラ読める。
                   
                  上手な交渉のための16の原則が書かれている。

                  たとえば・・・・

                  「欲しがらないふりをせよ」

                  「交渉決裂の恐怖に耐えよ」

                  「正しい根拠で主張せよ」

                  「相手の期待値を下げよ」

                  「巧みにふっかけよ」

                  ・・・・など等。

                  どれも難しいことではないが、知らないと交渉で損をする。


                  治験責任医師や治験事務局等と交渉が多いモニター、CRCの方にぴったりの本だと思います。

                  「交渉」に関する本は1冊は必ず読んでおいて損はない。

                  ちなみに、この著者の藤沢 晃治さんの本はいずれも素晴らしい。

                  たとえば、『「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール』も必読です!!


                  「交渉力」を強くする (ブルーバックス) (アマゾン)




                  【送料無料】「交渉力」を強くする(楽天)

                  【送料無料】「交渉力」を強くする

                  【送料無料】「交渉力」を強くする
                  価格:840円(税込、送料別)




                  「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス) (アマゾン)




                  【送料無料】「分かりやすい説明」の技術(楽天)
                  【送料無料】「分かりやすい説明」の技術

                  【送料無料】「分かりやすい説明」の技術
                  価格:840円(税込、送料別)



                  ▼「おすすめのビジネス書」のサイト
                    ↓
                  http://horaibzbook.web.fc2.com/index.html


                  ブログランキング











                   


                  3日であなたを変えるお勧めのビジネス書★『秋元康の仕事学』

                  0

                     ●『秋元康の仕事学』(NHK出版)

                    マーケティングは役立たない!

                    大ブレーク中のAKB48や、美空ひばりの名曲『川の流れのように』はどのように生み出されたのか? 

                    その秘訣は「リサーチをしない」「予定調和を裏切る」「企画のマイナス面を意識する」など、独創的な発想にあった! 

                    メガヒットメーカー・秋元康氏が明かす、目からウロコの企画法や生き方論。

                    勝間和代氏との対談も収載した、ビジネスパーソン必読の書!


                    ものづくりやマーケティングに携わる方は、そのヒットの秘訣を、ぜひ盗んでみたいと思うものですが、本書には、その期待を裏切らない、ホームラン作りのエッセンスが詰まっています。

                    もともとは、NHK「仕事学のすすめ」のトークセッションを2本分まとめたものですが、2本目の勝間和代さんとの対談を各章に散りばめることで、メリハリをつけています。

                    企画というと、つい才能の世界と思ってしまいがちですが、本書を読む限り、企画の仕事はすべての人に開かれていると確信できます。

                     

                    ・予定調和を壊す第一歩は、自分の人生をすばらしいと思えるかどうかだ

                    ・魅力的な人の多くは、「初めて」をつくるのが上手

                    ・記憶に残る「幕の内弁当」はない

                     

                    人間は、不安感から、ついつい慣れたものに安住し、無難な選択をしがちなもの。

                    しかしながら、秋元氏の言葉を咀嚼すれば、企画というのは、常に新しいことにチャレンジしつつ、自分の居場所をつくる行為。つまり、マンネリを避け、人生を前向きに変えてくれる力なのです。

                    クリエイティブな生き方をしたい方、仕事でヒットを生み出したい方は、必読の一冊です。

                    秋元康の仕事学 ( )




                    【送料無料】秋元康の仕事学

                    【送料無料】秋元康の仕事学

                    【送料無料】秋元康の仕事学
                    価格:1,050円(税込、送料別)




                    ⇒人気ブログランキングへ

                    ブログランキング


                     


                    お薦めのクラシック音楽★ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番

                    0

                       ★ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番:地球の上の美しい世界
                       
                      何度も映画のテーマ等に用いられ、すっかり哀愁帯びたメロディーがすっかりお馴染みとなったラフマニノフのピアノ協奏曲2番を、現代最高のラフマニノフ弾き、アシュケナージが演奏した名盤です。


                      とにかく名盤の誉れ高い録音。

                      ハイティンク率いるコンセルトヘボウ管弦楽団の、どこまでもひろがるロシアの広大な大地のような緩やかなバックに、アシュケナージがロマン溢れるアルペジオを展開する様は、まさに圧巻。

                      まったく文句のつけようがない、ラフマニノフの決定版である。

                      1楽章の凄まじさといったらこの上ないし、2楽章の抒情感も、泣けてくるほど。

                      3楽章も、抜群のセンスのをもったアッチェランド(急に速くなる)で、魅了する。


                      とにかくバックがすごい。

                      すさまじく、そして美しい弦楽セクションが、この曲全体を支配している。

                      トゥッティの迫力も、この上ない。

                      こんな美しい世界が地球上にあったのだろうか・・・・・・・。

                      ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番ハ短調&第4番ト単調




                      【送料無料】ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番・4番




                      ⇒人気ブログランキングへ

                      ブログランキング

                       


                      カリスマコーチの整理させるための質問

                      0

                         総合研修で質問を考える。

                        今までの総復習になるように質問を考える。

                        過去の知識をより戻させる質問を考えるのも、結構、難しい。

                        知識を混乱させずに整理するための質問を考えないといけない。

                        下手な質問をすると、逆に受講生の頭を混乱させてしまう。


                        ちなみに、「朝練」を始めた。

                        朝一番の研修の前にひとりひとり呼び出しての口頭試問だ。

                        かなりいい線までいっているけれど、完ぺきを目指すための「朝練」。


                        新入社員の「総リーダー」役をやっている女性社員も「いい動き」をしている。

                        フットワークが軽く、融通がきく。

                        リーダーシップも発揮しているし、みんなの行動を予想して「問題」を回避するための指示を出している。

                        率先して、社内のe-ラーニングを見つけ、その情報を同期のみんなにメールで知らせている。

                        いいぞ。

                        コーチングのプロが使っている質問力ノート





                        コーチングのプロが使っている質問力ノート




                        ⇒人気ブログランキングへ

                        ブログランキング



                        calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>
                        PR
                        おすすめ情報
                        i-mobile
                        i-mobile
                        i-mobile
                        i-mobile
                        i-mobile
                        カウンター






                        おすすめの情報(2)


                        人気ブログランキングへ

                        人気ブログランキングへ

                        人気ブログランキングへ

                        人気ブログランキングへ



                        blogram投票ボタン

                        blogram投票ボタン

                        blogram投票ボタン

                        ブログランキング







                        にほんブログ村 小説ブログへ


                        にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ


                        にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ








                        おすすめの情報(3)


                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM